サービスを利用する

JP / EN

DEVELOPER DOCS

12. Judgeの登録

アラート発生条件と、Actionの動作を登録します。

メニューから「Componentの管理」から、アラートを発生させたいコンポーネントを選択します。
アラート判定アイコンをクリックします。

Add Judgeボタンをクリックします。

Add Judgeウィンドウが表示されます。登録を中止する場合は、右上の×をクリックします。
各項目を入力し、Addボタンをクリックします。

項目名 説明
Name 名前を入力します。
Note 備考を入力します。
Condition しきい値の条件式を入力します。
Priority 判定の評価順を入力します。(1-)
Active チェックを外すと、この設定が無効になります。
Action 「12. Actionの登録」で登録したアクションを選択します。

Conditionについて

90を超える場合は、次の条件式を入力します。

1
value > 90

valueに、取得したセンサー値が入ります。

記号 意味
> 超える
>= 以上
< 未満
<= 以下
== 等しい

Priorityについて

小さい順から評価されます。条件式を満たした場合は、以降の設定が評価されません。

value = 50のとき

Priority Condition 状態
1 value > 90 スキップ
2 value > 40 実行
3 value > 30 無視